Message

メッセージ

「子育てしやすい街No1西宮」にしたい

その想いが改革へと突き動かす原動力

待機児童数が全国ワースト1位となり
人口流出のつづく西宮市

このままでいいのだろうか

政治が立ち止まってしまったら
そこには衰退があるだけ

変わることを恐れるのではなく、
変わらないことを恐れよう

今こそ政治がリーダーシップを
発揮するとき

さあ前に進もう!3.27

Policy

政 策

今の西宮市の課題ってナニ?

01待機児童全国ワースト1位

待機児童数では全国ワースト1位という子育て世代には暮らしにくい自治体になってしまっています。厚生労働省によると2021年4月の時点での西宮市の保育所待機児童数が182人と全国の市区町村別の中で最も多いと発表されました。ワーストファイブを見てみると、1位西宮市、2位明石市、3位福岡県筑紫野市、4位尼崎市、5位姫路市となっています。待機児童が発生すると、父母の就業機会が奪われ社会全体にとって大きな悪影響を及ぼします。働きたい方が安心して働ける環境づくりが全国最下位という現状を変えるためにも、待機児童をさらに減らす政策をスピーディに実施する必要があります!

02高齢者交通助成を復活・拡充させる必要あり!

76.7%の方が継続を希望している西宮市高齢者交通助成が令和2年度をもって廃止されてしまいました。昨今、重要とされているフレイル予防の概念(「元気に自立して日常生活を送ることができる健康寿命」を伸ばすこと)が大切であるという常識と逆行しています。体力が衰え、要介護になってしまう前に健康寿命を伸ばす施策に予算を配分することで、結果的に国民の負担する医療費が抑えられ財政負担が軽くなるという分析もあります。新制度のバス助成ではなく、電車利用と対象の拡大など制度を拡充することで高齢者の皆様の生活の質が向上することから、高齢者交通助成は復活・拡充が求められています!

034年連続人口減少

西宮市は住みたい街関西NO1(リクルート調べ)を8年連続で獲得するなど、大阪・神戸へのアクセスに代表される利便性の良さやブランド力など非常に高いポテンシャルを持った地域です。しかし、行政が住民サービスが近隣自治体より見劣りするなどした結果、9年連続人口の増加する明石市や大阪市と比較して地域の活力が失われつつあります。人口減少と地域の停滞による住民サービスの低下がさらに住民の流出を招くという悪循環に陥りつつある今こそ、住民サービスを拡充して西宮市を関西NO1の活力ある地域へ!

01待機児童全国ワースト1位

待機児童数では全国ワースト1位という子育て世代には暮らしにくい自治体になってしまっています。厚生労働省によると2021年4月の時点での西宮市の保育所待機児童数が182人と全国の市区町村別の中で最も多いと発表されました。ワーストファイブを見てみると、1位西宮市、2位明石市、3位福岡県筑紫野市、4位尼崎市、5位姫路市となっています。待機児童が発生すると、父母の就業機会が奪われ社会全体にとって大きな悪影響を及ぼします。働きたい方が安心して働ける環境づくりが全国最下位という現状を変えるためにも、待機児童をさらに減らす政策をスピーディに実施する必要があります!

02高齢者交通助成を復活・拡充させる必要あり!

76.7%の方が継続を希望している西宮市高齢者交通助成が令和2年度をもって廃止されてしまいました。昨今、重要とされているフレイル予防の概念(「元気に自立して日常生活を送ることができる健康寿命」を伸ばすこと)が大切であるという常識と逆行しています。体力が衰え、要介護になってしまう前に健康寿命を伸ばす施策に予算を配分することで、結果的に国民の負担する医療費が抑えられ財政負担が軽くなるという分析もあります。新制度のバス助成ではなく、電車利用と対象の拡大など制度を拡充することで高齢者の皆様の生活の質が向上することから、高齢者交通助成は復活・拡充が求められています!

034年連続人口減少

西宮市は住みたい街関西NO1(リクルート調べ)を8年連続で獲得するなど、大阪・神戸へのアクセスに代表される利便性の良さやブランド力など非常に高いポテンシャルを持った地域です。しかし、行政が住民サービスが近隣自治体より見劣りするなどした結果、9年連続人口の増加する明石市や大阪市と比較して地域の活力が失われつつあります。人口減少と地域の停滞による住民サービスの低下がさらに住民の流出を招くという悪循環に陥りつつある今こそ、住民サービスを拡充して西宮市を関西NO1の活力ある地域へ!

小児入院患者のサポート施設への寄付

2021年12月の記者会見の様子

3年半、続けてきた朝の駅立ち

増山誠さんを応援しています
日本維新の会副代表
吉村洋文

Action

活動ギャラリー

増山誠さんを応援しています
日本維新の会副代表
吉村洋文

Profile

プロフィール

増山 誠(ますやま まこと)
日本維新の会

早稲田大学政治経済学部を卒業。
日興證券勤務の後、起業し経営者歴15年
2019年から西宮市選出の兵庫県議会議員
維新の会県議会議員団の政務調査会長、
農政環境常任委員会副委員長を務める。
4人の子供を持つ父親として現役子育て世代。
夙川小学校PTA会長(2期目)、
夙川地区青少年愛護協議会副会長など
地域活動にも積極的に参加。
趣味はゴルフ、スポーツ観戦、eスポーツ

Message

メッセージ

「子育てしやすい街No1西宮」にしたい

その想いが改革へと突き動かす原動力

待機児童数が全国ワースト1位となり
人口流出のつづく西宮市

このままでいいのだろうか

政治が立ち止まってしまったら
そこには衰退があるだけ

変わることを恐れるのではなく、
変わらないことを恐れよう

今こそ政治がリーダーシップを
発揮するとき

さあ前に進もう!3.27

Policy

政 策

今の西宮市の課題ってナニ?

01待機児童全国ワースト1位

待機児童数では全国ワースト1位という子育て世代には暮らしにくい自治体になってしまっています。厚生労働省によると2021年4月の時点での西宮市の保育所待機児童数が182人と全国の市区町村別の中で最も多いと発表されました。ワーストファイブを見てみると、1位西宮市、2位明石市、3位福岡県筑紫野市、4位尼崎市、5位姫路市となっています。待機児童が発生すると、父母の就業機会が奪われ社会全体にとって大きな悪影響を及ぼします。働きたい方が安心して働ける環境づくりが全国最下位という現状を変えるためにも、待機児童をさらに減らす政策をスピーディに実施する必要があります!

02高齢者交通助成を復活・拡充させる必要あり!

76.7%の方が継続を希望している西宮市高齢者交通助成が令和2年度をもって廃止されてしまいました。昨今、重要とされているフレイル予防の概念(「元気に自立して日常生活を送ることができる健康寿命」を伸ばすこと)が大切であるという常識と逆行しています。体力が衰え、要介護になってしまう前に健康寿命を伸ばす施策に予算を配分することで、結果的に国民の負担する医療費が抑えられ財政負担が軽くなるという分析もあります。新制度のバス助成ではなく、電車利用と対象の拡大など制度を拡充することで高齢者の皆様の生活の質が向上することから、高齢者交通助成は復活・拡充が求められています!

034年連続人口減少

西宮市は住みたい街関西NO1(リクルート調べ)を8年連続で獲得するなど、大阪・神戸へのアクセスに代表される利便性の良さやブランド力など非常に高いポテンシャルを持った地域です。しかし、行政が住民サービスが近隣自治体より見劣りするなどした結果、9年連続人口の増加する明石市や大阪市と比較して地域の活力が失われつつあります。人口減少と地域の停滞による住民サービスの低下がさらに住民の流出を招くという悪循環に陥りつつある今こそ、住民サービスを拡充して西宮市を関西NO1の活力ある地域へ!

01待機児童全国ワースト1位

»詳しくはコチラ

待機児童数では全国ワースト1位という子育て世代には暮らしにくい自治体になってしまっています。厚生労働省によると2021年4月の時点での西宮市の保育所待機児童数が182人と全国の市区町村別の中で最も多いと発表されました。ワーストファイブを見てみると、1位西宮市、2位明石市、3位福岡県筑紫野市、4位尼崎市、5位姫路市となっています。待機児童が発生すると、父母の就業機会が奪われ社会全体にとって大きな悪影響を及ぼします。働きたい方が安心して働ける環境づくりが全国最下位という現状を変えるためにも、待機児童をさらに減らす政策をスピーディに実施する必要があります!

02高齢者交通助成を復活・拡充させる必要あり!

»詳しくはコチラ

76.7%の方が継続を希望している西宮市高齢者交通助成が令和2年度をもって廃止されてしまいました。昨今、重要とされているフレイル予防の概念(「元気に自立して日常生活を送ることができる健康寿命」を伸ばすこと)が大切であるという常識と逆行しています。体力が衰え、要介護になってしまう前に健康寿命を伸ばす施策に予算を配分することで、結果的に国民の負担する医療費が抑えられ財政負担が軽くなるという分析もあります。新制度のバス助成ではなく、電車利用と対象の拡大など制度を拡充することで高齢者の皆様の生活の質が向上することから、高齢者交通助成は復活・拡充が求められています!

034年連続人口減少

»詳しくはコチラ

西宮市は住みたい街関西NO1(リクルート調べ)を8年連続で獲得するなど、大阪・神戸へのアクセスに代表される利便性の良さやブランド力など非常に高いポテンシャルを持った地域です。しかし、行政が住民サービスが近隣自治体より見劣りするなどした結果、9年連続人口の増加する明石市や大阪市と比較して地域の活力が失われつつあります。人口減少と地域の停滞による住民サービスの低下がさらに住民の流出を招くという悪循環に陥りつつある今こそ、住民サービスを拡充して西宮市を関西NO1の活力ある地域へ!

小児入院患者のサポート施設への寄付

2021年12月の記者会見の様子

3年半、続けてきた朝の駅立ち

増山誠さんを応援しています
日本維新の会副代表
吉村洋文

Action

活動ギャラリー

増山誠さんを応援しています
日本維新の会副代表
吉村洋文

Profile

プロフィール

増山 誠(ますやま まこと)
日本維新の会

早稲田大学政治経済学部を卒業。
日興證券勤務の後、起業し経営者歴15年
2019年から西宮市選出の兵庫県議会議員
維新の会県議会議員団の政務調査会長、
農政環境常任委員会副委員長を務める。
4人の子供を持つ父親として現役子育て世代。
夙川小学校PTA会長(2期目)、
夙川地区青少年愛護協議会副会長など
地域活動にも積極的に参加。
趣味はゴルフ、スポーツ観戦、eスポーツ